国内外ニュース

「漫画村」に17億円の賠償命令 海賊版サイトで最大額、東京地裁 

2024年04月18日15時08分
 海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)で漫画を不正に公開されて被害を受けたとして、KADOKAWAと集英社、小学館の出版大手3社がサイトの元運営者に計約19億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、出版社側の出版権や独占的利用権が侵害されたと認め、計約17億円を支払うよう命じた。出版社側は海賊版サイト被害を巡る訴訟では過去最大の賠償額としている。

 杉浦正樹裁判長は、サイト利用者が閲覧した画像を自身の端末に保存することも可能などとして「実質的に電子配信された作品を購入したのと変わらない状態が実現していた」と指摘。作品1巻当たりの平均閲覧数や、作品の販売価格を基に損害額を算定した。

 元運営者の星野路実氏(32)は東京都内での取材に「納得できない。漫画村について一切後悔はありません」と話した。

 訴状によると、国内最大の海賊版サイト「漫画村」は遅くとも2016年2月ごろに開設。18年4月に閉鎖されるまで、約5億3700万件のアクセスがあったとされる。
【写真】 海賊版サイト「漫画村」を巡る損害賠償訴訟判決を受け、出版社側が開いた記者会見=18日午後、東京都港区