国内外ニュース

ギリシャでパリ五輪の聖火を採火 開幕まで17日で100日 

2024年04月16日19時00分
 【オリンピア(ギリシャ)共同】7月26日に開幕するパリ五輪の聖火の採火式が16日、古代五輪発祥の地、ギリシャ西部のオリンピア遺跡で伝統儀式に則して行われ、黒と白のツートンカラーに一新された衣装をまとった巫女役の女性が採火した。曇り空のためリハーサルで太陽光から採った予備の火を使った。17日で五輪開幕まで100日。大会の準備が本格化する。

 聖火の第1走者は2021年の東京五輪ローイング(旧ボート競技)男子シングルスカル金メダリストのステファノス・ドゥスコス(ギリシャ)が務め、ギリシャ国内のリレーがスタート。26日にアテネでパリ五輪組織委員会に引き渡され、帆船でフランスへ向かう。
【写真】 ギリシャのオリンピア遺跡で行われたパリ五輪の聖火の採火式。17日で五輪開幕まで100日=16日(ロイター=共同)