国内外ニュース

米閣僚訪中へ、対話推進を確認 台湾・南シナ海は平行線 

2024年04月03日07時24分
 【ワシントン共同】バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は2日、電話会談した。両政府によると、ブリンケン国務長官とイエレン財務長官が近く訪中することで合意し、対立激化や衝突を防ぐため軍同士を含めた幅広い分野での対話推進を確認した。台湾や南シナ海の情勢を巡る議論は平行線をたどり、経済分野では応酬になった。

 首脳会談は昨年11月に対面で実施して以来。両氏は、前回会談で合意した対話構築が着実に進んでいるとの認識を示した。

 イエレン氏は4日から、ブリンケン氏は数週間以内に訪中する。オースティン米国防長官と中国の董軍国防相も近く電話会談し、海洋安全保障に関する実務者協議を週内に米ハワイ州で開く。

 バイデン氏は台湾海峡の平和と安定や、南シナ海における法の支配の重要性を強調。中国が独立派と見なす頼清徳副総統の総統就任を5月に控え、台湾独立を支持しないと伝え、緊張を高める行動に出ないよう求めた。

 習氏は、両国関係は安定傾向にあるが、懸案も増えていると指摘。台湾問題は「越えてはならないレッドラインだ」と応じた。
【写真】 イエレン財務長官(ゲッティ=共同)、ブリンケン国務長官