国内外ニュース

富士山通行料2千円、条例成立 山梨県議会、今夏から 

2024年03月04日11時40分
 今夏の富士登山シーズンから、山梨県側の登山道「吉田ルート」で通行料2千円の徴収を義務化する条例が4日、県議会で全会一致により可決、成立した。登山道の一部を県の施設と位置付け、入山規制を強化して混雑回避を図る狙い。7月1日施行する。

 任意で原則千円としている保全協力金とは別に集めるため、1人当たりの負担は最大3千円となる。富士山では、山小屋の予約を取らずに夜通し山頂を目指して歩く「弾丸登山」が相次ぎ、事故増加が懸念されていた。

 県は5合目にゲートを設け、夕方から未明までは山小屋宿泊者以外の通行を制限する方向。1日当たりの登山者は4千人を上限とする。
【写真】 富士山の山梨県側の登山道「吉田ルート」が山頂まで開通し、多くの登山客らでにぎわう5合目付近=2023年7月