国内外ニュース

地上の楽園「だまされた」 北朝鮮帰還事業訴訟で脱北者証言 

2021年10月14日12時02分
 戦後の帰還事業で北朝鮮に渡り、その後脱北して日本で暮らす男女5人が「人権を抑圧された」として、北朝鮮政府に5億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(五十嵐章裕裁判長)で開かれ、東京都に住む原告の川崎栄子さん(79)は尋問で「北朝鮮の宣伝で地上の楽園だと刷り込まれ、だまされた」と語った。

 原告側代理人によると、北朝鮮政府を相手取った訴訟は初めて。代理人を含めて北朝鮮側からの出廷はなく、訴えに対する認否の書面も提出されなかった。

 川崎さんは在日朝鮮人の両親の下、京都府で生まれ育った。17歳の時、単身で北朝鮮へ船で渡った。
【写真】 東京地裁などが入る裁判所合同庁舎=東京・霞が関