国内外ニュース

稲田検事総長、7月退任へ 後任は林・東京高検検事長 

2020年06月30日11時03分
 検察トップの稲田伸夫検事総長(63)が、7月中に退任する方針であることが30日、関係者への取材で分かった。後任は林真琴東京高検検事長(62)の見通し。次期検事総長候補と目されていた黒川弘務前東京高検検事長(63)が5月に賭けマージャン問題で辞職し、法務・検察内では同期の林氏の次期検事総長就任が確実視されていた。

 検察庁法の規定では、定年は検事総長が65歳、その他の検事が63歳。稲田氏は慣例では2年の任期を7月に迎えるところだった。林氏の定年は7月29日で、それまでに稲田氏は勇退するもようだ。

 稲田氏は東大卒。東京高検検事長などを経て2018年から現職。
【写真】 稲田伸夫検事総長、林真琴東京高検検事長