国内外ニュース

コウノトリ3羽が巣立ち、島根 雲南市で7年連続、小学校に営巣 

2024年06月18日16時01分
 島根県雲南市は18日、市立西小で営巣している国の天然記念物コウノトリのひな3羽が巣立ったと発表した。同市での巣立ちは7年連続。

 市教育委員会などによると、親鳥の雄は福井県、雌は兵庫県生まれ。ふ化は4月上旬ごろとみられ、親鳥が捕獲したカエルやヘビなどの餌を食べて育ったという。6月上旬には翼を動かして飛ぶ練習をする姿が、校内に設置されたカメラの映像で確認されていた。

 巣立ち後1カ月ほどは飛行が不安定で、車道や民家付近に降り立つこともある。市教委の担当者は「見かけたら静かに見守ってほしい」と話している。
【写真】 巣立ちが確認されたコウノトリのひな=16日、島根県雲南市(同市教育委員会提供)