国内外ニュース

宝塚歌劇団、16億円減収 俳優急死で一部公演中止 

2024年05月14日17時01分
 阪急阪神ホールディングス(HD)は14日、子会社の阪急電鉄が運営する宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)が中核のステージ事業で2023年度、売上高に当たる営業収益が前期から16億円の減収となる322億円だったと発表した。23年9月に宙組所属の女性俳優=当時(25)=が急死した問題を受け、一部公演の中止を続けていることが影響した。

 HDは今年3月に上級生らによるパワーハラスメントを認め、補償する内容で遺族側と合意書を締結した。宙組は23年9月を最後に公演が行われておらず、今年6月20日の宝塚大劇場(同市)で再開するとしている。
【写真】 記者会見する阪急阪神HDの大塚順一執行役員=14日午後、大阪市