国内外ニュース

フランステーマに砂像展示、鳥取 「砂の美術館」で企画展 

2024年04月18日19時13分
 鳥取砂丘近くにあり、砂と水のみで制作した巨大な砂の彫刻作品を展示する「砂の美術館」(鳥取市)で18日、フランスをテーマにした企画展の内覧会が開かれ、ノートルダム大聖堂など計18点が披露された。会期は19日から来年1月5日まで。

 今年はパリ五輪が開催されることから、フランスを代表する建築や歴史、文化芸術などをテーマに制作を進めた。12カ国から20人の彫刻家が来日し、約3千トンの砂を使って、16日間で作り上げたという。

 会場内最大の作品は、幅約22メートル高さ約5メートルのベルサイユ宮殿の砂像で、豪華な装飾や造形が実物同様に細部まで再現されている。
【写真】 「砂の美術館」で開かれたフランスをテーマにした企画展の内覧会。上はベルサイユ宮殿の砂像=18日午後、鳥取市