ホーム くろしお

休日ではありません

2021年7月19日
 おそらく多くの家庭に掛けられたカレンダーや、スケジュール帳などでは、きょう7月19日は赤文字、つまり休日になっているはずだ。例年は「海の日」である。だが、今年に限っては22日に移動となった。

 いうまでもなく、東京五輪・パラリンピックの開催に合わせての措置だ。「海の日」だけではない。10月第2月曜日の「スポーツの日」が今月23日に。つまり今週末の22~25日が4連休になる。さらに本来8月11日である「山の日」も五輪閉会式の同8日に移る。

 意外と最近まで、このことを忘れていた人もいるようだ。先日、テレビのニュースでも注意を呼び掛けていた。五輪開幕まで残り5日を切っても、いまひとつムードが高まらないことも一因か。主会場である東京は、ここにきてコロナの感染者が連日、千人を超えている。

 専門家らの「7月中に千人を突破」という、外れてほしかった予想が的中した。このままだと五輪が閉会するころには、2400人にまで膨れ上がるという指摘もある。来日したIOCのバッハ会長は「状況が改善すれば有観客で」と求めたが、現時点では状況はその逆へと向かいつつあるようだ。

 かたや本県。今月に入ってからは、5人以下で推移している。宮崎市のニシタチの飲食店に話を聞いたら、週末に限ってだが、少しずつ人が戻ってきつつあるという。感染を抑えて経済活動を回復させるためにも、五輪応援の際も「密」回避は絶対守りたい。

このほかの記事

過去の記事(月別)