ホーム くろしお

さらに必要なものは

2020年11月21日
 「アミュをのぞいてくるわ」。と家人に言ったら早速「ハンドクリーム買ってきて」と注文された。これまでは機内販売でしか手に入らなかったそうで、初の本県出店を喜ぶ。そういう県民は多いのだろう。

 昨日、JR宮崎駅西口に全面開業したアミュプラザみやざき。デパート前から電気バス「ぐるっぴー」に乗って向かった。普段より人出の多い商店街あみーろーどをとことこ進むと、奥にそびえるアミュの建物が迫ってきて、全く新しい都会の光景に見えてきた。

 平日でも人出が多かったが、ビル内は動線が工夫されている。おしゃれな店を眺めながら、エスカレーターで棚田のように段差のある屋上へ進んだ。さらに階段を上っていく。空が近づいてくるような感覚が楽しい。屋上からぐるりと見渡すと宮崎平野も目新しく思えた。

 新型コロナウイルスの感染がまたも拡大の兆しを見せているが、自営業者らに聞くと案外消費は好調と聞く。私見だが、むしろ海外など遠出が制限された分「近場ででも思い切り金を使って、憂さを晴らしたい」という心理が働いているのではないか。今こそ地元で金が回る好機ととらえてもいい。

 消費による解放感は、価格面で強いオンラインよりも街で振る舞う方が勝っていよう。消費者は、何かと出合う期待感や雑踏が醸すわくわく感を街に求めているはずだ。駅前のにぎわいを眺めながら、さらに魅力的な街になるために「あと何が必要か」考えた。

このほかの記事

過去の記事(月別)