ホーム くろしお

「ドコモ口座」の不正利用

2020年9月12日
 消費税増税対策の「キャッシュレス決済時のポイント還元事業」は、6月末の期限を逃してしまい御利益にあずかれなかった。今度こそはと、国が懸命に推し進める「マイナポイント」を申し込むことにした。

 スマホでQRコードを読み込みアプリを起動。「予約」をタップ。ここまでは順調だ。すると「マイナンバーカードの申請時に設定したパスワードを打ち込んでください」ときた。立ちはだかる大きな壁。「…記憶にございません」。政治家の常套句(じょうとうく)が頭をよぎる。

 心当たりのある番号を3回打ち込んだところで「3回間違えたのでロックされました。市町村の窓口で再設定を行ってください」と非情の通告。何という敗北感。というわけで、現時点ではまだ申し込みすらできていない状態だ。パスワードを設定し直して、再挑戦したい。

 申し込みに悪戦苦闘している中で、NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正な預金引き出しのことを知った。被害者に成り済ました何者かがドコモ口座を開設。同口座と連携する被害者の銀行口座から金を移すという手口で、被害額は約1990万円にのぼるという。

 口座開設時の本人確認の甘さなどが原因とされており、ドコモは複数の対策を講じるという。「これだからキャッシュレス決済はまだ不安」。これがスマホでのマイナポイント申し込み一つできない者の遠吠(ぼ)えとなるように万全のセキュリティーを願いたい。

このほかの記事

過去の記事(月別)