ホーム 県内のニュース

川の水量減らし氾濫に備え 宮崎県内「流域治水」広がる 雨水タンクや遊水地整備

2024年4月14日
 気候変動による雨量の増加に備えようと、大淀川などの流域自治体や国交省は従来のダムや堤防整備に頼らない「流域治水」に取り組んでいる。住宅での雨水貯留タンク設置支援や遊水地整備などを通じ地域全体で雨水を一時的に貯め、川に流れる水量を減らし、梅雨や台風時の氾濫を防ぐ。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】自宅に雨水貯留タンクを設置しているNPO法人大淀川流域ネットワークの松本浩二事務局長。「各家庭が雨を貯水する意識が流域治水につながる」と話す=宮崎市中村西2丁目

このほかの記事

過去の記事(月別)