ホーム 県内のニュース

シラスウナギ漁 低調続く 過去10年の平均届かず

2024年4月13日
 ニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」の2023年度の県内採捕量が191キロだったことが、県のまとめで分かった。過去最低だった22年度から136キロ増加したものの、過去10年の平均247・4キロには届かず、低調だった。漁業関係者は「昔と比べると数が少なく、捕る人がいなくなる」と危機感を強めている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)