ホーム 県内のニュース

ボランティア「足りない」 支援要請に追い付かず 県内台風被災地

2022年9月24日
 3連休の初日の23日、台風14号の県内の被災地では、県内外のボランティアが活動した。受け入れ業務に当たるボランティアセンターの予想を上回る人数が訪れたものの、支援を求める被災者は数多く、すべての要請には応えられない状況。連休中は仕事や学校が休みになりボランティアに専念しやすいため、関係者は「一日も早い復旧に協力してほしい」と参加を呼びかけている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】浸水した家具などを運び出す作業を手伝う高校生のボランティアら=23日午前10時38分、延岡市三須町

このほかの記事

過去の記事(月別)