ホーム 県内のニュース

宮崎県最低賃金853円へ 過去最大32円上げ

2022年8月11日
 宮崎地方最低賃金審議会(松岡優子会長)は10日、本県の最低賃金を現在の821円から32円引き上げ、現行の時間額方式となった2002年度以降で最高の853円とするよう、宮崎労働局の田中大介局長に答申した。引き上げ額は過去最大で、中央最低賃金審議会が示した目安額から2円増額した。最短で10月6日から適用される見通し。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)