ホーム 県内のニュース

「困っている人地域で支えたい」 ボランティア続ける元刑務官・小原さん

2022年7月6日
 宮崎市清武町の元刑務官、小原邦裕さん(70)は、県内で子ども食堂や子ども宅食を実施する団体に野菜を届けるボランティアを続けている。40年以上受刑者と向き合う中で、経済的な困窮や、親から愛情を受けずに育った背景が見え、「困っている人を社会で支える必要がある」との思いに至り、退職後にボランティアを始めた。安定的な野菜の寄付は不足しているといい、定期的に届ける小原さんには支援先から感謝の声が届き、「子どもの笑顔のために続けたい」と畑に足を運んでいる。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】子ども食堂に寄付するための野菜を収穫する小原さん=宮崎市有田

このほかの記事

過去の記事(月別)