ホーム 県内のニュース

ネット投票求める声も 県議補選、投票率最低で県民アンケート

2021年12月9日
 県議補選宮崎市区(11月14日投開票)では投票率が18・34%と戦後に県が執行した選挙の中でワーストとなり、政治離れが改めて浮き彫りになった。宮崎日日新聞が「宮日ネットリサーチ」で実施したアンケート調査の自由記述では、選挙や県議会に関心が持てない現状のほか、若者の政治参加を促す観点からもインターネットでの投票など選挙制度の変化を求める声も目立った。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)