ホーム 県内のニュース

衆院選 期日前投票1.4倍 第1回中間前回比

2021年10月24日
 県選管が23日発表した衆院選の期日前投票の第1回中間状況(20~22日)の投票者数は2万2425人となり、前回衆院選の同状況の約1・4倍となった。全選挙区で前回を上回り、増加率が最も高かった2区は約1・8倍だった。新型コロナ対策で分散投票を呼び掛けたことが要因とみられる。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)