ホーム 県内のニュース

保護者「同じ障害なのに」 特別児童扶養手当 宮崎県高却下率

2021年9月15日
 障害児を育てる保護者らに支給される特別児童扶養手当を巡り、2019年度の県内における申請却下率が26%超と、全国で3番目に高いことが明らかになった。却下された申請の8割を占める発達障害は、審査基準が明確でないため判定医によって自治体間で差が生じる可能性や、「制度設計が時代に合っていない」と指摘する専門家も。却下された経験のある親からは「同じ障害で差が出るのは不公平」と、審査基準の見直しを求める声が上がる。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】長女の特別児童扶養手当の申請が却下された女性。手元にあるのは申請書=児湯郡内

このほかの記事

過去の記事(月別)