ホーム 県内のニュース

市議会特別委、慎重検討促す 宮崎市本庁舎建て替え地

2021年7月30日
 宮崎市の戸敷正市長が「JR宮崎駅周辺」と決めた同市役所本庁舎の建て替えエリアは、市議会側の異論を受け、基本構想策定に向けた作業を中断、再検討を余儀なくされている。市議会の新庁舎あり方検討特別委員会(徳重淳一委員長、8人)が21日、現在地を含む「橘通周辺」も基本構想に追加するよう提言。同特別委は、市が選定理由として重視した項目について議論が足りないなどとし、より慎重な検討を促す。市は8月上旬に改めてエリアについて示す方針。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)