ホーム 県内のニュース

変異株疑い、若い世代拡大傾向 宮崎県内 新型コロナ

2021年5月9日
 県は8日、県内で4月1日~今月6日までに感染が確認された新型コロナウイルスの変異株疑い207人について、年代別で20代が最多の54人だったことを明らかにした。10~30代が全体の6割を占め、若い世代に感染が広がっている傾向が浮き彫りとなった。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)