ホーム 県内のニュース

コロナ中傷、社会問題化 河野知事、人権条例の制定検討

2021年2月26日
 河野知事は25日、新型コロナウイルス感染拡大で感染者や医療従事者らに対する誹謗(ひぼう)中傷が社会問題化していることなどを踏まえ、「人権条例」の制定を検討する方針を明らかにした。県議会代表質問で、浜砂守議員(自民、西都市・西米良村区)の質問に、「新型コロナ以外でも、さまざまな人権問題があり、早急に検討する」と答弁した。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)