ホーム 県内のニュース

飲食店「日常への一歩」 宮崎県内 会食、面会制限など緩和 

2021年2月23日
 県は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い県内全域に発令中の「感染拡大緊急警報」を継続しつつ、県内の感染状況は沈静化しているとして、県内での行動要請を24日から緩和すると発表した。会食での人数制限などが緩和される飲食店は「活気づくきっかけになれば」と期待。高齢者施設に親が入居している家族は「やっと顔が合わせられる」と安堵(あんど)した。ただ、県内の高齢者施設などではクラスター(感染者集団)が発生しており、関係者からは「感染状況を見ながら対応を考えたい」と冷静な声も聞かれた。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】料理を準備する「居酒屋・活魚 善助」の樋口保則代表。苦しい経営が続く中、制限緩和に期待を込めた=22日午後6時10分、宮崎市中央通

このほかの記事

過去の記事(月別)