ホーム 県内のニュース

「教育に悪影響」9割超 ニシタチ客引き市民調査

2020年11月25日
 宮崎市の繁華街・ニシタチでの客引き行為などについて市が実施した市民アンケート調査で、回答者の80%以上が客引きなどの行為が青少年の教育に悪影響を及ぼし、ニシタチのイメージ悪化につながると懸念していることが分かった。客引きなどの行為を受けた経験がある市民は34・9%に上った。ニシタチの観光地化に取り組む市は根絶に向け、来年9月定例会に規制する条例案を提案する。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)