ホーム 県内のニュース

社民県連年内解散へ 県議ら17人離党、立民合流

2020年11月14日
 社民党県連が年内にも解散する方針を固めたことが13日、分かった。次期衆院選をにらみ、県議ら所属議員19人のうち、少なくとも17人が一斉離党して立憲民主党に合流する方針で、組織を維持できなくなると判断した。14日に都内で開く臨時党大会では、立民合流を希望する議員らの離党が審議され、認められない場合でも県連は方針を変えず、社会党時代から続く75年の歴史に幕を下ろす。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)