ホーム 県内のニュース

県内献血再びピンチ 7月コロナ感染者急増

2020年8月15日
 新型コロナウイルスの感染者が7月に急増し、献血バスの受け入れキャンセルが相次いだ影響で、県内で献血が確保できない状況に陥っている。原則、県内で需給を賄うことになっているが集まっているのは目標の9割。不足分は県外から支援を受けている。コロナ禍が長期化すれば、白血病などの病気や事故、出産の出血時の輸血用血液が不足する恐れもあり、県赤十字血液センター(宮崎市)は積極的な協力を呼び掛けている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】新型コロナウイルスの感染症対策が施された献血バス車内で行われる献血=12日午後、高鍋町

このほかの記事

過去の記事(月別)