ホーム 県内のニュース

亡き兄の思い胸に全力 県高校野球初戦突破の宮崎南・山口捕手

2020年7月12日
 「兄ちゃん、しっかり全力プレーしたよ」。全国高校野球選手権宮崎大会に代わり11日開幕した「県高校野球大会2020」。宮崎南高3年の捕手・山口颯太さん(17)は、かつて同じ学校でプレーし5月に急性リンパ性白血病で他界した兄快斗さん(享年20)の思いも引き継いで初戦に臨んだ。試合では「背中を見ていて身に付いた」という大声でナインを鼓舞し、サヨナラ勝ちをたぐり寄せた。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】宮崎南高野球部の山口颯太さん(中央)を、兄快斗さんの遺影とともにスタンドから応援した母光代さん(左)と父毅さん=11日午後、宮崎市・生目の杜運動公園アイビースタジアム

このほかの記事

過去の記事(月別)