ホーム 県内のニュース

厳戒態勢日常に影響 海外の本県関係者不安

2020年4月6日
 新型コロナウイルスの感染が急増し、多数の死者が出ている米国や欧州各国。非常事態宣言で外出が制限され、失業者が増加するなど社会に深刻な影響が広がっている。現地に居住する本県関係者は社会不安やウイルスの脅威を肌で感じ、「油断したら日本も同じ状況になる」と警鐘を鳴らす。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】店員がマスクを付け、会計中の飛沫感染を防ぐための透明のボードが設置されたニュージャージー州のスーパー(デビッドさん提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)