ホーム 県内のニュース

新型肺炎でSNS誤情報拡散 県内専門家が注意呼び掛け

2020年2月27日
 「コロナウイルスは26~27度で死滅する」「体温より熱いお風呂が有効」。新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、科学的根拠のない「フェイクニュース」が、会員制交流サイト(SNS)などを通じて県内で拡散されている。専門家は「不確かな情報に踊らされないで」とうのみにしないよう注意を呼び掛けている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】無料通信アプリLINE(ライン)で拡散されている新型コロナウイルスに関する誤情報

このほかの記事

過去の記事(月別)