ホーム 県内のニュース

宮崎市予算案1650億円超 20年度一般会計

2020年2月9日
 宮崎市の2020年度一般会計当初予算案は、19年度から五十数億円増え、過去最大の1650億円超となる見通しであることが8日、分かった。3年連続のプラス編成。東九州自動車道・宮崎西インターチェンジ(IC)周辺の防災支援拠点整備や、小学校へのエアコン整備などの大型事業で規模が膨らんだとみられる。戸敷正市長は14日、同予算案を発表する。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)