ホーム 県内のニュース

マスク 県内も品薄 新型肺炎

2020年2月5日
 新型コロナウイルスの感染確認が国内で相次ぐ中、県内のホームセンターやドラッグストアではマスクが品薄になっている。医療や介護の現場でスタッフが使用するマスクの確保に苦労するなど影響が出ている。専門家は「まずは手洗いが基本」と冷静な対応を求めている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクを買い求める人が増え、ほぼ完売状態となった売り場=4日午後、宮崎市柳丸町・ハンズマン柳丸店

このほかの記事

過去の記事(月別)