ホーム 県内のニュース

受験票や願書「性別欄」廃止 県立高、公立大入試

2020年1月21日
 県立高と宮崎公立大(宮崎市)で今年実施される試験(2020年度入学)から、これまで受験票などにあった性別記入欄がなくなる。入試業務に必要ないと判断したためで、心と体の性が一致しないトランスジェンダーら性的少数者(LGBTなど)への配慮も理由。当事者団体は「本当に必要な情報か考えて改善していくことが、誰もが生きやすい社会につながる」と歓迎している。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】2020年度入学の県立高願書から、氏名欄の横にあった性別欄がなくなる

このほかの記事

過去の記事(月別)