ホーム 県内のニュース

仏像3体を文化財指定 県教委

2019年9月4日
 県教委は3日、西都市岩爪の黒貫寺(くろぬきじ)が所蔵する「木造聖観音菩薩坐像(しょうかんのんぼさつざぞう)と木造大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)」、串間市北方の永徳寺(えいとくじ)が所蔵する「木造薬師如来立像(やくしにょらいりゅうぞう)」の2件3体を県有形文化財に指定することを決めたと発表した。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】木造薬師如来立像(県教委提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)