ホーム 県内のニュース

LGBT理解広がる レインボーフラッグ

2018年3月5日

 性的少数者(LGBTなど)の尊厳を象徴する6色の旗「レインボーフラッグ」を掲示する施設や学校などが、県内で増えている。配るのは、宮崎市の当事者交流団体「レインボービュー宮崎」代表の山田健二さん(33)=活動名。山田さんは「理解の輪が広がっていることを、多くの人に感じてほしい」と話している。


(全文は5日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】レインボーフラッグを窓口に置いた東大宮地域事務所の職員ら=宮崎市

このほかの記事

過去の記事(月別)