ホーム 県内のニュース

本県派遣警察、消防「言葉失った…」 九州豪雨

2017年7月12日

 九州豪雨の発生から12日で1週間。全国と同様に本県も災害発生直後から福岡、大分両県への人的支援を行っている。被災地に出向いた警察、消防署員は「言葉を失う光景だった」「自分は大丈夫と思わないで」と語り、自衛隊は今も活動を続ける。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】災害現場で行方不明者の捜索に当たる県警広域緊急援助隊の隊員ら=7日、福岡県東峰村(県警提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)