ホーム 県内のニュース

宮崎県内最高齢女医、97歳まで診療 貴島テル子さん死去

2016年4月21日

 小児科医として、97歳まで現場に立ち続けた貴島テル子さん=宮崎市大橋1丁目=が18日、肺炎のため亡くなった。女医として宮崎県内最高齢で、享年100歳。若くして夫を亡くしたため、郷土の子どもたちを「わが子」として見守り続けた。特に、ダウン症の子どもや障害児の支援はライフワークとしていた。


(全文は21日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】柔和な表情で子どもたちを診察する当時94歳の故貴島テル子さん=2010年9月、宮崎市大橋1丁目の貴島小児科

このほかの記事

過去の記事(月別)