ホーム 県内のニュース

ソラシド初の国際線 台湾へチャーター便

2015年7月17日
 ソラシドエア(宮崎市、スカイネットアジア航空、高橋洋社長)が、10月中旬に同社初の国際チャーター便を宮崎-台湾(高雄)に就航させることが16日、関係者への取材で分かった。チャーター便は宮崎交通が全席買い取り、旅行商品を企画・販売する。ソラシドエアは既に国土交通省航空局に国際チャーター便の事業許可を申請。今回の実績を足掛かりに東アジアとのチャーター便の路線拡大につなげる狙いがあるとみられる。

(全文は17日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)