ホーム 採用案内

先輩の声5

古藤 誉人
2016年入社(業務局営業部)

読者と企業を結ぶ架け橋
 信頼性や説得力が高く、形に残せる新聞広告は企業のブランディングやPR活動などで広く使われています。営業部は広告を通じて読者と企業を結ぶ架け橋のような存在。企業や団体から新聞広告掲載の契約を取り付けるほか、「スポーツ」「防災」といったテーマで企画広告を立案することもあります。新聞広告と聞くと堅苦しいイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。手にとって読んでみてください。生活の役に立つ広告、面白い広告、さまざまな企業の素晴らしさや特徴が分かる広告が載っています。新聞のイメージを変える発見があるかもしれません