ホーム 宮日からのお知らせ

宮日、変わります 4月1日から新紙面

2024年3月5日

もっと親しむ もっと分かる



 宮崎日日新聞は4月1日から、今まで以上に読みやすく分かりやすい紙面に生まれ変わります。

 1面は県内週間天気や歌の窓を縦に並べてすっきりとさせ、各面ではカット類を新調。記事では新しい企画・連載をスタートさせるほか、これまで以上に地域密着にこだわり、すべてのページで地元の話題が見つかる紙面を目指します。

 デジタル分野も強化。株式や人事異動を速報する一方、検索機能も充実させ、さらに使い勝手のよいものにします。

1面 暮らしに寄り添う



 紙面の顔である1面は週間天気をページの上から縦一列に並べて一目で把握できるようにするほか、天気概況も掲載。その下には「きょうは○の日」のコーナーを毎日設け、読者の皆様の日々の暮らしに寄り添います。新聞小説や企画の案内はまとめて収容する場所を作り、その日の新聞にどんなメニューがあるのか、本紙からのお知らせも含めて分かりやすくお伝えします。

紙面はサンプルです


ひらめき力アップ 認知症予防 毎日脳トレ


漢字や数字 頭を柔軟に

 人気の脳トレは、現在の週4回から毎日掲載となります。水曜日付は生活情報面に「クロスワード」、金曜日は地域面に「漢字パズル」、日曜日付は新設のTVガイド・芸能面に「シークワーズ」を新設。火曜日付の芸能面にある「3分チャレンジ」「ファミリークイズ」は「スリザーリンク」に変更。いずれも漢字や平仮名、数字を使ったパズルクイズです。頭の体操を楽しんでください。


ぐるっと東西南北 赤ちゃん、ポーズ写真掲載



 地域面では、赤ちゃんを紹介する「ひむかの宝」のレイアウトが変わります。現在は顔写真のアップを掲載していますが、4月からはポーズ写真を使用。周囲の景色も映り込むことで、より日常に近い雰囲気を出すことができます。このほか、カット類も色やデザインを統一します。


文字も大きく 読みやすく



 窓面で使っている新拡大文字「窓文字」。ニュース面で使っている通常のL文字の1・11倍、シニア面で使っているシニア文字の1・09倍で、紙面の中で最も大きい文字です。これまでも第28回若山牧水賞の特集(2月22日付)などで使ってきましたが、今後はより積極的に取り入れ、より読みやすい紙面を目指します。


新企画・連載も続々登場


だいたいしあわせ 阿川佐和子さんエッセー

 エッセイストやインタビュアーなどとして活躍する阿川佐和子さんによるエッセー新作を週1回掲載します。日常生活や半生を振り返りながら自分自身や世の中を見つめ、おなじみの「アガワ節」を交えた前向きなメッセージを伝えます。イラストは阿川さん自身が描きます。




どうなる新幹線

 県は2024年度一般会計当初予算案に、新幹線に関する3ルート案の需要予測などに関する調査費を盛り込みました。これまで眠っていた新幹線論議がにわかに熱を帯びてきた形。本県とともに、ルート案に示されている大分、熊本、鹿児島の状況を眺めて課題などを考え、連載をはじめ関連記事を出稿していきます。




みやざきロングセラー物語

 県内には、時代を超えて愛されてきたロングセラー商品が数多く存在します。多くの人を引きつけてきた長寿商品の魅力を伝えるとともに、開発当初の秘話に迫り、ヒット商品を生み出すヒントとします。経済面で随時掲載します。




美術館めぐり

 県立美術館には絵画、彫刻、工芸といった4200点以上の所蔵品があります。いずれも国内外の著名作家による作品です。生活情報面では4月から、これらコレクションを1点ずつ毎週水曜日に掲載。同館学芸課職員の解説も添え、読者の皆さまに美術品を身近に感じてもらう機会を提供します。

デジタル夕刊 プレみや


人事もお手軽に検索

 本紙の定期購読者に限り閲覧できる会員制ニュースサイト「デジタル夕刊 プレみや」(無料)に、県内自治体の全ての人事情報、企業人事情報、スポーツ記録、グルメや健康情報などを掲載。知りたい情報を検索できる便利な機能も付いています。


証券面 拡大して閲覧可

 また、4月からは朝刊紙面の株式欄を前日夜にアップします。紙面レイアウトはそのままに文字を拡大して閲覧できます。ソリティアなどのゲームコーナー(無料)も新設します。

このほかの記事

過去の記事(月別)