ホーム 歩廊

畑かん推進ロゴ

2021年4月8日
 ◎…PR効果はいかに―。都城市や三股町、県北諸県農業改良普及センターなど営農支援5団体でつくる都城盆地地区畑地かんがい営農推進本部は、活動をPRするロゴマークを作った。

 ◎…デザインが得意な市農産園芸課の職員が考案。真ん中の水路から水があふれ周囲の畑を潤す光景をイメージした。既に農家訪問の際に着るブルゾンを作り、職員が愛用中=写真。

 ◎…「今後はマーク入りのエコバッグなども用意して農家へ配り、畑かんへの理解を浸透させたい」と大重浩一郎副主幹(45)。農家の気を引き、水を引いてもらう作戦を描いている。

このほかの記事

過去の記事(月別)