ホーム 歩廊

献血ベッド一新

2020年7月30日
 ◎…”郷土愛”が売りです―。宮崎市の献血ルーム「カリーノ」は、12台あるベッドのうち10台を新調。色違いのカバーと本県にちなんだ名前も付け、今月から運用している=写真。

 ◎…名前は県民から募集し、黄色は「日向夏」、濃い水色は「青島」、黄緑色は「フェニックス」などに決定。ベッドごとに、イラストや名付け親の氏名もプレートで紹介している。

 ◎…色とりどりのベッドで明るさを増した室内。新型コロナウイルスの再拡大で血液確保が厳しい日もある中、担当者は「献血しながら全色制覇を楽しんで」と呼び掛けている。

このほかの記事

過去の記事(月別)