ホーム 歩廊

楠並木のデンドロビウム

2017年5月26日
 ◎…宮崎市の高千穂通りでは今春、街路樹のクスに着生させている洋ランの一種「デンドロビウム」がこれまでにない多くの花を付けた。現在はクリーム色のおくての品種=写真=が満開となっている。

 ◎…同市佐土原町の花卉(かき)生産者西岡秀和さん(65)が10年前、国土交通省などの許可を得て着生。樹木に負担はなく水や養分は自然に摂取するため手入れはしていないが、近年花の数が増えたという。

 ◎…高所にあるため、目線を上げないと気付かないデンドロビウム。鮮やかに咲き誇る姿に、オフィス街のサラリーマンも「上を向いて歩こうと応援されているようだ」とにっこり。

このほかの記事

過去の記事(月別)