ホーム 地域の話題県央

県央

一覧

宮崎特攻遺構伝えたい 基地慰霊碑奉賛会

2020年6月1日
 平和について考えて―。宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会(丸山正行会長、約130人)は、太平洋戦争末期に特攻基地として使われた宮崎市の旧赤江飛行場(現宮崎空港)周辺に残る戦争遺構の周知活動を続けている。慰霊碑や近隣にある戦闘機を格納した掩体壕(えんたいごう)など5カ所を巡る見学コースを考案し、市内の公共施設にPRチラシなどを配布している。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】戦争遺構の見学コースを考案し、PR用のチラシとポスターを製作した宮崎特攻基地慰霊碑奉賛会の川越賢二事務局長(右)

このほかの記事

過去の記事(月別)