ホーム 地域の話題県北

県北

一覧

メッセージ集め虐待防止 木城、延岡、日向をリレー

2020年11月30日
 子どもの虐待防止を啓発する「オレンジリボンメッセージリレー」(実行委主催)のメッセージ受け渡し式は11月26日、日向市役所であった。木城町、延岡市と日向市を結ぶ2コースにある自治体や福祉施設計13カ所から集まった子どもたちへのメッセージが、十屋幸平市長に手渡された。

 2004年に栃木県で幼い兄弟が虐待死したのをきっかけに07年から全国で行われ、本県では8回目。例年はたすきを着けたランナーがリレー形式で沿道を走ってアピールしてきたが、今年は各団体がそれぞれA4判の紙にメッセージを寄せ、リレー形式で集めた。

 メッセージは一般からもメールや郵便で募集し、パネルにして県内の集客施設で公開予定。

 実行委員長の東原擁慈(ようじ)さん(55)=日向市=は「コロナ禍で例年のようには走れなかったが、子どもの虐待は増えているとの情報もあり、このような形で行った。虐待防止の思いを広げていきたい」と話していた。

【写真】日向市に届けられた、子どもの虐待防止を啓発するオレンジリボンメッセージ

このほかの記事

過去の記事(月別)