ホーム 地域の話題きりしま

きりしま

一覧

30年の時を超えて 高崎でタイムカプセル開封

2020年1月20日
 都城市と高崎町が合併する前の1990年、町制施行50周年と新庁舎落成を記念して町役場(現・市高崎総合支所)の敷地内に埋められたタイムカプセル2個が15日、開封された。行政資料や子どもの書画など81項目500点を確認。2月11日には高崎福祉保健センターで開封記念大会を開き、収容物を展示予定。希望者にはコピーを取った上で返却する。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】タイムカプセルから収容物を取り出す都城市高崎総合支所の職員

このほかの記事

過去の記事(月別)