ホーム 地域の話題

道の駅「くしま」目玉へ 荒山さんブドウ栽培挑戦

2019年9月27日
 2021年春の道の駅「くしま(仮称)」の開業に合わせ、串間市本城の農業荒山修三さん(71)が、本格的なブドウ栽培に取り組んでいる。スタートから3年となる今年は約830房を収穫。「さらにいい物を作っていきたい」と意気込む。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】道の駅「くしま(仮称)」開業に合わせ、ブドウ栽培に乗り出した荒山修三さん

このほかの記事

過去の記事(月別)