ホーム 特集

2012衆院選みやざき

【第6部・祭りの後で】(上)低投票率

2012年12月18日
■政治への不信拭えず

 「政策も政党もころころ変わる。どこを選ぶべきか分からなかった」。都城市の会社員男性(59)は今回、衆院選としては初めて投票に行かなかった。自民圧勝の選挙区に興味を持てなかったこともあるが、「原発も環太平洋連携協定(TPP)も選挙のためのあいまいな主張ばかり。結局変わってしまう」。一番の理由は政党への不信感だ。

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...