ホーム 特集

がん時代を生きる

【第5部・共存への取り組み】(1)検診

2013年8月28日
■受診率低く危機感/自治体 啓発に躍起

 医療が進歩し、早期発見すれば根治が望めるようになったがん。抗がん剤や放射線治療の技術が上がり、治療を続けながら仕事や家事など日常生活も可能になった。高齢化が進み、今後もさらに患者が増加するのは明らかな状況だ。第5部ではがん時代を迎える中で、検診の受診状況、行政や社会の支援態勢など県内外の取り組みを紹介し、がんと共存するための方法を探る。

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...