ホーム 特集

鳥インフルエンザ 衝撃再び

【下】韓国でウイルスまん延 渡り鳥倍増、高いリスク

2014年12月19日
 「野鳥は空からどんな場所にも降りてくる。どこで発生してもおかしくはない」。ブロイラーの飼育羽数が本県に次いで全国2位の鹿児島県。同県畜産課は延岡市北川町川内名の種鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された現実を冷静に受け止める。

 国内では今シーズン、例年より感染リスクが高まる予兆はあった。11月に島根県でウイルスが渡り鳥のふんから発見されて以降、4県で渡り鳥の感染が相次いで発覚。うち鹿児島県では11月下旬から、野生のマナヅルやナベヅルから検出され、半径3キロ内の養鶏場40カ所を立ち入り検査するなど、防疫レベルをほぼ最高水準まで引き上げてきた。

 ウイルスは野鳥や野生生物によって養鶏場に持ち込まれるとされ、県外の自治体でも養鶏場への立ち入り指導や防鳥ネット整備など対策を進めている。しかし過去の感染で防疫意識が高いはずの本県でみたび発生。島根県食料安全推進課は「これをやれば侵入を防げるという絶対的な対策はない」。

 本県での発生は約4年ぶりだが農林水産省によると、中国や香港、台湾など海外では継続的に発生している。韓国では2014年1月、2年8カ月ぶりに発生。鶏やアヒルなど246農場に爆発的に広がっている(14日現在)。

 「韓国は症状が出にくいアヒルを飼う農場が多く、気付かないうちにウイルスがまん延してしまう」。宮崎大産業動物防疫リサーチセンターの末吉益雄教授(家畜衛生学)は終息の見通しが立たない隣国の現状をそう解説する。

 4月に熊本県の養鶏場で検出されたウイルスは、韓国で広がり続けるウイルスと遺伝子の型がほぼ同じだった。末吉教授は「越冬のため、今後も韓国から本県に多くの渡り鳥が飛来する。韓国での感染が収まらない限り、危険な状況は収まらない」と見通す。

 渡り鳥の本県飛来数は今季、増加傾向にある。県の委託を受け宮崎市大淀川や一ツ瀬川など4カ所で、その数を調べている日本野鳥の会県支部(前田幹雄支部長)によると、今年は11月中旬から昨年を上回るペースで推移、12月中旬には昨年同期の2倍近い8千羽超を数えた。前田支部長は「日本列島で寒波が続いたことで、より暖かい本県に南下している。県内で感染が拡大した前回11年と状況が酷似している」。北川町の感染農場周辺でも環境省による野鳥の調査が18日始まった。

 渡り鳥の飛来は例年3月下旬まで。リスクが高い状況は当分の間続く。京都産業大の大槻公一・鳥インフルエンザ研究センター長は「第三者の目で発生した養鶏場の人の出入りや消毒の在り方などを詳細に検証し、今後の対策に生かすしかない」と求める。

【写真】発生地周辺にいる野鳥の種類や数をチェックする野鳥緊急調査チーム=18日午後、延岡市北川町川内名(県提供)

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...